Aviutl プラグイン ステータスバー+

ステータスバー+は編集情報を一覧できるステータスバーをAviutlに追加するプラグインです。
cap1cap2
ダウンロード
Ver0.4 2015/12/04
statbarx.zip

インストール・アンインストール

動作確認環境:(これ以前の環境でも動作すると思います)
  • Windows10 64bit
  • Aviutl 1.00
  • 拡張編集プラグイン 0.92
  • 注: 日本語以外の環境では動作しない可能性があります。(追記)
インストール:
ZIPファイルをダウンロード後、解凍してできた「statbarx.auf」をAviutl と同じフォルダ、またはその下のPlugins フォルダに入れてください。Aviutlのメニューの表示から「ステータスバー+の表示」を選んでチェックを入れるとステータスバーが表示されます。
cap3
アンインストール:
削除してください。

ステータスバーの内容

cap2

  • フレーム位置: 表示フレーム / 総フレーム数 | 表示フレームの時間
  • 選択範囲: 選択開始位置 - 選択終了位置 | 選択されたフレーム数 | 選択された長さ(時間)
  • フレームステータス:
    • [:選択開始
    • ]:選択終了
    • *:キーフレーム
    • !:再圧縮が必要なフレーム
    • X:保存されないフレーム
    • K:ユーザーキーフレーム
    • M:マークフレーム
    • D:優先間引きフレーム
    • C:コピーフレーム
  • 動画サイズ: 現在の解像度 | 元の解像度
  • フレームレート 音声サンプリングレート 音声チャンネル数
  • 現在の表示倍率
  • フレームレートの変更
  • インターレースの解除
  • 現在のプロファイル

ステータスバーの右クリックで表示されるメニュー

cap4

ステータスバーの表示位置

  • 自由配置: ドラッグで自由に位置を変更可能
  • メインウィンドウの上に固定: メインウィンドウの上に追従する
  • メインウィンドウの下に固定: メインウィンドウの下に追従する
その他
  • 幅をメインウィンドウに合わせる: メインウィンドウと同じ幅を維持する
  • 閉じる: ステータスバーを閉じる

ステータスバーの左クリックで利用できる機能一覧

  • 指定のフレームに移動
  • 選択範囲の指定
  • サイズの変更
  • 再生速度の情報を変更
  • 拡大表示
  • フレームレートの変更
  • インターレースの解除
  • プロファイル

cap5
cap6
cap7
cap8
cap9
cap10
cap11
cap12