「デバッグウィンドウ」はAviutlの構造体やメッセージなどの情報を表示するプラグインです。
OutputDebugStringに対応しているのでスクリプトのデバッグ出力も表示できます。
各情報の詳細はSDKのfilter.hで確認してください。
>ロード
Ver0.1 2016/02/10
dbgwnd.zip

cap00

インストール・アンインストール

動作確認環境:(これ以前の環境でも動作すると思います)
  • Windows10 64bit
  • Aviutl 1.00
インストール:
ZIP ファイルをダウンロード後、解凍してできた「dbgwnd.auf」を
AviUtlと同じフォルダ、またはその中のPluginsフォルダに入れてください。
Aviutlのメニューの表示から「デバッグウィンドウ」を選択すると表示されます。
アンインストール:
削除してください。

使い方

取得できる情報
  • FILTER_PROC_INFO
  • FRAME_STATUS
  • FILE_INFO
  • SYS_INFO
  • フィルタプラグイン
  • 入出力プラグイン
取得できるログ
  • フィルタ関数
  • WM_FILTER
  • OutputDebugString
仕様
  • 入出力プラグインは独自に読み込んでいるため、アドレスに意味はありません。
  • FILTER_PROC_INFOの情報はフレームを移動するまで表示されません。
  • func_procの音声、func_is_saveframeの情報は取得できません。
  • 他にOutputDebugStringを取得するプログラムがあると出力の取り合いになり、正しく表示・終了できないことがあります。
メニュー一覧
構造体フィルタ入出力メッセージ
cap1 cap2 cap3 cap4

更新履歴

0.1 2016/02/10
  • 公開