Windowsで一部のモニターを省電力から復帰させたり、手動で落としたモニタの電源を入れなおすとウィンドウのサイズや配置が変わってしまうことがあります。
cap1cap2

cap3cap4
スクリーンショットを見ても意味不明かもしれませんが、作業しやすいように配置しておいたウィンドウのサイズや位置が勝手に変わってしまうので、地味だけど結構イラッと来ます。
cap5
ウィンドウの中がずれてしまっている例もありました。(一個上にある画像のダイアログが正しい表示)

というわけでいつも通り検索してみると、類似の現象が確認できました。
自分で検証した結果と検索で集めた情報をまとめてみると、
  • Windows7以降
  • Windowsをインストールした直後でも発生
  • ディスプレイアダプターを問わない(Intel, AMD, NVIDIA)が、アダプターを変えると発生しない人も
  • HDMIかDisplayPortで接続
  • 一部のモニタでのみ発生(SHARP LC-22K5, Panasonic TH-65PX500 その他)
  • モニタの電源が切れると最低解像度と誤認してウィンドウのサイズと位置が変更される
  • モニタの電源が入ると解像度は正常に復帰するが、ウィンドウはそのまま
  • 解像度が元に戻らないケースもある(これはドライバの更新で解消することも)
という感じでしょうか。

で、解決方法はやはり海外のサイトで見つかりました。
Windows 7 moves/resizes windows on monitor power cycle
  1. レジストリエディタで HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\GraphicsDrivers\Configuration を開く
  2. その下にあるSIMULATED_****(環境によって異なるID)\00 にある PrimSurfSize.cx と PrimSurfSize.cyを希望のサイズに変更する(10進数に切り替えるのを忘れずに)
  3. さらに下の\00 にある ActiveSize.cx と ActiveSize.cy も同じサイズに変更する
cap6
私の環境では再起動する必要もなく問題は解決しました。

これでは解決しない場合にはもう一つ方法があります。
  1. HDMI と D-sub(おそらくDVIでも可) の接続ポートがある
  2. 両方のケーブルを繋げて二本差しにする
  3. 設定 / システム / ディスプレイ - 複数のディスプレイ の項目で 「1のみに表示する」を選択(Windowsのバージョンによって異なる)
cap7
環境が限定されますが以前はこの方法で解決していたので、レジストリの方法で解決できない人は試してみてはいかがでしょうか。