プログ

パスの指定が反映されていなかった問題を修正しました。
拡張編集用のプラグインとlua用dll兼用テンプレートを追加しました。サンプルとしてタイムラインをキャプチャするプラグインを作成できます。
ダウンロード
2016/04/03
aviutl_vstemplate.zip

cap00

以前の記事続きを読む

試験公開
Aviutlプラグイン 「シンプルMP4出力」
ダウンロード mfio.zip

メニューの 「ファイル - プラグイン出力 - シンプルMP4出力」から使用できます。
iniファイルで一部設定ができます。
Windows7 Home Premium以上が必要ですが、できればVistaでも試していただけるとありがたいです。
画質、圧縮率は微妙です。


0.2 2016/03/13
  • 最大192kHz, 32bit, 8チャンネルまでのハイレゾフォーマットに対応
  • 音声フォーマットを手動で指定できるように
  • 「自動設定」を追加
  • 実際に使用できる音声フォーマットはハードウェアにより制限されます。(一般的に192kHz24bitまで)
  • ハードが対応していないフォーマットでは「音声デバイスを開けませんでした」と表示されます。
  • Aviutlで正しく読み込めるとは限りません。
ダウンロード
Ver0.2 2016/03/13
rec.zip


cap00

続きを読む

AviutlプラグインのVisualStudio用プロジェクトテンプレートです。
プロジェクトの新規作成にAviutlプラグインを追加します。
ダウンロード
2016/04/03
aviutl_vstemplate.zip

プラグインのデバッグにはMyTemplate.vstemplateのCustomParametersにAviutlのパスを指定する必要があります。詳しくはreadmeをご覧ください。

cap00



続きを読む

マウスやタブレットを利用して手書きで書き込みが出来るようになります。
ダウンロード
2016/03/06
tegaki.zip

注: このプラグインは試験的なものです。安定性や実用性に期待しないでください。
現在の仕様
  • ウィンドウのサイズと動画のサイズが一致している必要があるので、Aviutlの表示拡大率を100%にする必要があります。
  • 筆圧はタブレットがTabletPC用のドライバに対応している必要があります。
  • RGB(0,0,0)は背景色(透過色)としているので黒はRGB(1,1,1)などで代用してください。
  • A(透明度)は書き込み時のみ有効です。
cap00


続きを読む

不具合があったものを修正しました。
0.3.6 2016/02/24
「ジャンプバー+」0.4.2 「レイヤージャンプ」0.1.1 「レイヤー表示切替」0.1.1 「タイムライン拡大率」0.2.1 「シーン切替」0.1.1
  • バッチウィンドウを表示したときに誤動作してしまう問題を修正
ダウンロード
Ver0.4.2 2016/02/24
jumpbarx.zip

ダウンロード
Ver0.4.2 2016/02/24
misc.zip


拡張編集で指定したシーンにクリック、ショートカットキー、ホイールで切り替えることができます。
ダウンロード
2016/02/23
misc.zip(exsceneswitch.auf)

  • ラベルのクリックで指定したシーンに切り替わります。
  • ウィンドウ上でマウスホイールで上下のシーンに移動。
  • ショートカットキーは Alt+0~9。
  • 表示数で切り替えるレイヤーの数を指定できます。最大30。
  • タイトルバーをダブルクリックするとウィンドウが小さくなります。
  • 空のウィンドウが表示されることがありますが仕様です。
cap00


拡張編集で指定したレイヤーの表示状態を切り替えます。
ダウンロード
2016/02/21
misc.zip(exlayerswitch.auf)

  • 表示切替ボタンでチェックされているレイヤーの表示状態を反転させます。タイムラインで表示されている最上部のレイヤーから切替数分だけ変更します。
  • ショートカットキーは Ctrl+^。
  • 切替数で切り替えるレイヤーの数を指定できます。最大30。
  • 右クリックですべてのチェック状態を切り替え。
  • タイトルバーをダブルクリックするとウィンドウが小さくなります。
cap00

↑このページのトップヘ