プログ

リカバリプラグインでファイルを復元しても同じところで落ちてしまうことがありますが、 その場合以下のようにすると修正できる可能性があります。

拡張編集

落ちる原因のオブジェクトを非表示にして修正
  1. 落ちる位置にあるオブジェクトのレイヤーをすべて非表示にする
  2. 落ちずにシーク出来たら問題ないと思われるレイヤーを表示してシークする
  3. 2.を繰り返すして落ちる原因のオブジェクトを特定する
  4. 特定したオブジェクトを非表示にして設定を変えてみる
  5. それを表示してシークしても落ちなければOK
  6. それでも落ちる場合
    1. 他のオブジェクトの設定を変える
    2. 部分的にシーンを分ける
    3. 一部をあらかじめ動画化する
  7. それでも落ちる場合は原因のオブジェクトを削除し、他の演出を考える
メモリが原因の場合
システムの設定でキャッシュサイズや最大サイズ・フレーム数を変更すると落ちなくなることがあります。
ファイルの先頭で落ちる場合
現状は対処できません。

本体編集

現状は位置情報も復元するため、そのまま問題のある同じ位置を開いて落ちてしまいます。 次のバージョンで現在位置を先頭に戻すことで即落ちを回避する予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「リカバリ」はAviUtlが落ちた時の編集状態を復元し、再起動するプラグインです。
ダウンロード recovery.zip Ver0.1.0 2020/03/21
このプラグインはまだ実験的なものであり、結果の保証はできません。予めご了承ください。
復元したファイルが同じところで落ちる場合はこちらの方法を試してみてください。
recovery

インストール

ZIP ファイルをダウンロード後、展開してできた「recovery.auf」を
AviUtlと同じフォルダ、またはその中のPluginsフォルダに入れてください

アンインストール

recovery.aufを削除してください

使い方

AviUtlが落ちた時に出る確認ウィンドウで「いいえ」を選択すると、
現在の編集状態を保存しAviUtlを再起動してその状態を復元します。
設定項目はありません。

仕様

  • リカバリのために以下のファイルが作成されます
    • 通常編集時: 編集ファイルと同じフォルダに__recovery__.aup
    • 拡張編集時: 拡張編集のbackupフォルダに__recovery__.exedit_backup
  • 復元した内容が壊れている可能性があります
  • 出力中の復元はできません
  • 起動してから5秒以内に落ちた時は復元しない
  • 起動してから1分以内に落ちた時は再起動しない

必要環境

  • Windows Vista
  • AviUtl
  • 拡張編集 0.90c2, 0.92, 0.93rc1

動作確認環境

  • Windows10 64bit
  • AviUtl 0.99m, 1.00, 1.10
  • 拡張編集 0.90c2, 0.92, 0.93rc1

作者

aoytsk
[公開場所] ( http://aoytsk.blog.jp/aviutl/plugins.html )

問い合わせ先

[ブログ] ( http://aoytsk.blog.jp/ )
ツイッター

利用規約

本ソフトウェアは「現状のまま」提供され、いかなる保証もありません。
本ソフトウェアの使用によって発生した損害その他の結果について、
作者は一切責任を負わないものとします。

更新履歴

0.1.0 2020/03/21

  • 公開
このエントリーをはてなブックマークに追加

ローカルファイルをニコニコ動画でテスト再生するユーザースクリプトです。
nicotest.user.js(右クリックからリンク先を保存してください)
nicotest

使い方

タンパーモンキーなどのユーザースクリプトマネージャーにインストールしたあと、ニコニコ動画の適当な動画ページを開き、ローカルファイルの動画をドラッグアンドロップしてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

セットアップ不要、プラグイン一つで簡単にエンコードできます。
ダウンロード:
easymp4.zip 2020-04-23(仮修正)

easymp4v0.1.1.zip 2020-04-22

easymp4v0.1.0.zip 2020-03-01


インストール

ZIP ファイルをダウンロード後、展開してできた「easymp4.auo」を
AviUtlと同じフォルダ、またはその中のPluginsフォルダに入れてください。

アンインストール

easymp4.auoを削除してください。

使い方

Aviutlのメニューの「ファイル > プラグイン出力」から「かんたんMP4出力」を選択して出力してください。

設定

  • 画質 最低1 ~ 最高100。 70でqp24相当。
  • 音質 96kbps ~ 192kbps。
  • ハードウェアエンコード GPUでエンコードします。対応ハードを認識できない場合 出力に失敗します。
  • リセット 設定を初期状態に戻します。

仕様

  • エンコーダー Microsoft Media Foundation
  • 映像 H264 High Profile
  • 音声 AAC LC

必要環境

  • Windows 8 以降
  • Aviutl 1.00 以降

動作確認環境

  • Windows10 64bit
  • Aviutl 1.00
このエントリーをはてなブックマークに追加


ダウンロード
Ver0.3 2016/07/23
wndman.zip

cap00

0.2 2016/03/26
  • 「設定/自動読込」プロファイル切り替え時に同名の配置に自動切り替えする機能を追加
  • 透明度の指定に関する説明を追加
  • ツールウィンドウで本来のサイズにならない問題を修正
0.3 2016/07/23
  • 「マニュアル24fps」で空のウィンドウが表示される問題を修正( ウィンドウサイズは保存されません)
元記事続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダウンロード
Ver0.2 2016/06/09
auc_menu.zip


コマンドラインからAviutlのメニューコマンドを実行します。
自動化やデバッグにご利用ください。
AviUtl Control と互換性があります。

cap00

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

※公開を終了しました。ご利用ありがとうございました。今後は公式のアプリ、拡張機能をご利用ください。
アプリ:トゥギャッター(App Store) (Google Play) 
拡張機能:Togetter Clip!(Chromeウェブストア)

ダウンロード(Chromeウェブストア)
※この拡張機能は非公式のものです。お問い合わせは私の方へお願いします。
tgtl_tile440

機能

  • 連続する同一ユーザーのツイート・コメントの連結表示。
  • 記事・コメントのブロック(ミュート)。
  • カテゴリ・タグ・ユーザーなどの更新情報一覧。
  • まとめ内の画像一覧。
  • 自動で残りを読む。
  • おすすめなどの一覧をたたむ。
  • その他書式設定など。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

cap001

ブラザーのプリンタDCP-165Cで[!]マークが点滅し、本体液晶には「クリーニングできません 46」 のメッセージが出て使用できず。公式のQ&Aによると、
サポート&ダウンロード DCP-165C
「初期化できません 46」、「印刷できません 46」、「クリーニングできません 46」 と表示され、複合機が使えません。|ブラザー

「初期化できません 46」、「印刷できません 46」、「クリーニングできません 46」 というメッセージは、クリーニング時に排出される廃インクを吸収する [廃インク吸収パッド] のインク吸収量が限界に達すると表示されるメッセージです。
このメッセージが表示された場合は、廃インク吸収パッドの交換が必要です。
お客さまご自身による交換はできませんので、お買い求めいただいた販売店、またはブラザーの修理受付へ部品交換をご依頼ください。 
どうやら廃インクタンクのパッドの交換が必要なようですが、おそらく修理費+送料で11,500円はかかり、新品を買った方が安そうです。というわけで修理に出さずに何とかする方法を調べてみました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせ: 拡張編集0.93でLuajitが採用されたのでこちらはもう必要ありません。また、DLLが古いためかカウンターなどで問題が起こるようです。

ダウンロード
LuaJIT-2.0.4-win-x86.zip
Ver2.0.4(Lua5.1) 2016/04/13

cap00

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

パスの指定が反映されていなかった問題を修正しました。
拡張編集用のプラグインとlua用dll兼用テンプレートを追加しました。サンプルとしてタイムラインをキャプチャするプラグインを作成できます。
ダウンロード
2016/04/03
aviutl_vstemplate.zip

cap00

以前の記事続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ